電子メディアと自費出版

最近では、自費出版などで、電子メディアなどを用いて、インターネット上に、オンラインストアを展開して、そこで、自費出版をするということもできるようになってきたようです。このような場合には、紙で出版をする場合とは異なって、多くの費用がかからずに、出版をすることができるため、手軽に自分自身の意志を、世の中に伝えやすくなる、ということは、確実に言えるかもしれません。しかし、そうであったとしても、ある程度の内容を伴っていたり、編集者の納得のえられるような内容であったりしなければ、ただ、お金を失ってしまうことにも、なりかねないということを、覚えておく必要があるのではないでしょうか。企画書を通して、出版社や、編集者を、説得させるためには、魅力的であるということが、前提条件にあるということはよく言われるわけですが、どのような出版物が、魅力的に見えるのかということに関しては、簡単に一言で説明をすることができてしまうかもしれません。はっきり、言ってしまえば「 実体験に基づいて、忠実にかけているかどうか」ということであると言えるかもしれません。経験に基づかず、自分自身の想像や、憶測に基づいて書かれた原稿においては、出版された後も、読者の共感を得ることは非常に難しい、ということは、容易に想像できるかもしれません。自分自身の、体験が世の中に動きを起こすということは、よくあることでも、あるでしょう。とにかく、実体験に基づいているということは、それだけでも読者へ訴えかけるものがあり、何よりも、説得力が増すということは、確実に言えるわけですから、一度も、出版をしたことがない、ただの素人が、頭の中であれこれ考えたとしても、たかが知れているということが、多くの編集者の意見であるということは、言えるかもしれませんし、実際に、現実に読者がどのようにして、応用することができるのか、という広く普遍的で一般性の高いものであるということが、自費出版物には、求められているということは、言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です