編集者との話し合い

当たり前のようですが、編集者のようなプロフェッショナルに対して、この出版物は売れます、などという風にアピールしてしまうことはむしろ逆効果で、厳しい視線にさらされることは間違いないと言えます。簡単に言い換えてしまえば、出版社を信頼するのではなく、出版社に信頼されるような人にならなければならない、ということです。そのためには、編集者に、原稿を持ち込んだ際に、それを選んでもらったことで、人柄であったり、人物を評価してもらう、というレベルまで自分自身の企画書や原稿を高めておく必要があります。そういう意味では、口頭でいくら説明をしたとしても、それを企画書の中などに反映していなければ意味がない、と言うことでしょう。売れる、売れないという、二分した考え方は、冷え込んでいると言われる出版業界においては、特にシビアになってきており、少しでも売れないという風に判断された出版物などを出し渋るような出版社も、多くなってきたように感じられます。昔のように、羽振りを利かせてたくさんの本を出版して、その中から、多く売り上げているものだけを残す、というような形式をとることは、ほとんど見かけなくなってきた気がします。その要因になっているものの一つとして挙げられるのが、不況や、出版形式の変化などがあるかもしれません。大手のインターネットサイトなどでは、電子化された出版物を購入することができるようになるなどして、紙の媒体などで十分に利益を得られなくなった、ということも間違いなく言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です