自費出版の難しさ

自費出版には様々な課題がありますが、単純化すれば、「自費出版をしたい」という風に考えている人の熱意が、編集者に十分に伝わるようであれば、不自由なく、 世の中に本を送り出すことができるかもしれません。他にも、出版社に売れるということを、とにかく伝えたいあまりに、企画書の内容を疎かにしたまま、編集者などに対して、「とにかく、この本は売れると思いますので」という風に、声かけをしているというケースが見られるようです。残念ながら、このような場合においては、まずは、原稿を持ち帰ってもらって、自分自身に何が足りないのかということをもう一度、見つめ直す作業を、粘り強く行ってもらう必要があると言えるのかもしれません。重要なのは、口頭で編集者に対してアピールをするのではなく、企画書や、原稿の中に、垣間見ることができる熱意であるということを、忘れずに覚えておく必要がでしょう。それでも、なお、自分自身が作った自作の出版物の元が売れるかどうかを判断してほしいと言う人も、少なからずいるようで、”売れる”という見込みを聞いてくるような人にも、このようなタイプは多いと言えるかもしれません。いずれにしても、ベテランの編集者を抱える自費出版社であっても、そのような問題に対して、 Yes と No で答えることは、難しい場合が多いわけですから、とにかく自分自身で企画書の内容を練り直すなどすることも重要だと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です