出版部数

自費出版で作成する部数は、その目的によっても様々です。例えば個人の記念で作るのであれば10冊なくても足りるでしょうし、知人などに配りたいとなれば50冊はあっても良いかもしれません。

基本的には「自分の欲しい分だけ印刷する」というのが基本ですが、もしも書店流通をさせたい、販売を目的にしたいという場合には印刷する部数を考えなくてはいけません。

販売を目的にする場合、大きく分けると自分で販売経路を持つ方法と、書店に流通させるという方法の二つに分かれます。例えば自分でネット通販のサイトを持つ場合や、イベントや講演で販売するという場合は、それぞれ自分に合った冊数を考えておけば問題ありません。しかし書店で流通させる場合には、冊数によって対応が変わってくるそうです。

ある出版社では、1000部の出版は大型書店の本店で平積みが可能になる冊数で、3000部で中心都市での大型書店での平積み、5000部になると全国の書店を狙っていけると言われているそうです。部数が多ければ多いほど、単純に人の目につきやすい工夫を行うことができるそうです。出版社によって対応も変わってきますので、まずは相談をしてみるのが良いでしょう。

少なめに印刷しておいて売れたら増刷をするという手段もありますが、大量部数の場合は初めに印刷しておいた方が費用は安くなります。ただし、在庫を抱えてしまうというリスクもあるので、どちらを取るのかは個人の判断になってきます。どうしても在庫を抱えてしまうのが怖いという場合には、電子書籍を検討してみても良いかもしれません。出版社によっては、何部を紙媒体で印刷をして、後は電子書籍で販売をするという分けた方法を取ることもできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です