文章ルールと校正

自費出版で本を作る場合、絵本や写真集、漫画などでない場合、普通は文章を書くことになります。エッセイや小説、自分史など、長い文章がある場合には当然ながら誤字脱字などの誤植が出てきます。この間違いを見つけるのが、校正の仕事です。漢字の変換間違いやタイプミスをはじめ、自分で勘違いして覚えていたような言葉は人に指摘されて初めて気付けるということもあるかもしれません。

出版社によっては回数制で校正をサービスで行ってくれるというところもあるそうです。校正のサービスがなければ自分で校正者を外注で頼んでも良いですし、著者校正として自分で何度も推敲するのももちろん問題ありません。

人によっては校正自体を行わないこともあるそうですが、人間ですのでどうしても間違いはあります。せっかく本を作るのですから、なるべく完璧に近い文章に近付ける努力はしても良いかもしれません。印刷した後にミスが見つかってしまうと差し替えることも難しいですし、未然に防ぐのが一番良い方法でしょう。

特に自分で校正を行っていると、つい文章を直したくなるということもあるかもしれません。推敲を繰り返すことで文章は洗練されていきますし、もちろん良いことだと言えます。問題は、内容が気になり過ぎて完成まで持って行けないという場合です。

どうしてもきりがなくなってしまう場合はプロの校正者に任せてしまうこと、自分で最大の校正回数を決めること、初めから「間違いはあるもの」として割り切って見直しをするのも良いかもしれません。それでも本の形にするまで踏み切れないという場合は、早めに自費出版の契約を結んで、出版までの期限をあらかじめ定めてしまうのもひとつの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です