自費出版の本作りのために、構成を考える

他人に読んでもらう本にするには、本を貫く構成を考える必要があります。思っていることを書きなぐって、ある程度の文字量がたまったら、それで本になるわけではないのです。書くテーマと、方法や様式が決まったら、次は構成です。構成の出来の良し悪しで、本の魅力が決まると言ってもよいでしょう。たとえ、内容が良い本でも、構成が悪ければ台無しですし、内容が平凡でも構成が良ければ、読者は読んでくれます。

本作りには、起承転結が必要です。メリハリがなければなりません。起承転結を、その順番通りに書いてもいいですし、結論から始める手もあります。

クライマックスとなるような場面から、書き出してもいいのです。構成は、最初の設計の部分ですから、楽しい作業となるはずです。慌てずに、ゆっくりと作業に取り掛かりましょう。

構成がまとまったら、次は章立てです。内容を、いくつかに区分するのが章立てです。各章を、どのような内容にして、どのようなタイトルをつけるのかを考えます。

章立てから、ある程度、本の魅力が伝わってきます。起承転結が上手く伝わるような章立てが作れれば、読者は目次を見ただけで、面白そうな本だと判断してくれます。

ノンフィクションの場合、章立ては必要な作業です。フィクションは章立てをしない方法もありますが、区切りのない長い文章を読むのは、どうしても疲れます。フィクションでも、区切りは設けた方がいいでしょう。

ノンフィクションでもフィクションでも、各章の文字量は、ほぼ同じにした方が、読者に親切です。長さがバラバラだと、読みづらい本になる可能性があります。

また、「まえがき」、「あとがき」、「はじめに」、「序文」、「序章」、「おわりに」、「終章」などをつける場合もあります。