渾身のタイトルをつける

本のタイトルは、構成と同じくらい大切です。いや、構成以上に大切かもしれません。たくさん並ぶ本の中から、読者はまず、心惹かれるタイトルの本を手に取ります。いくら内容が面白くても、構成や章立てが魅力に溢れていても、本を手に取ってもらえなければ、何も始まりません。

その本がどんなに素晴らしいかを、短い言葉、または数語の言葉で表します。タイトルを決めることは、編集者にとっても、最も重要な仕事の一つです。自費出版においても、読者の興味を惹かなくては、自分の本を読んではもらえません。

ですが、タイトルを決めることは、とても難しいです。プロの編集者でも、頭を悩ませるところです。タイトルの決め方は、いろいろあります。ほんの短い単語から、文章のように長いものまであります。コツのようなものはありません。でも、ベストセラーの真似はしない方がいいでしょう。また、タイトルと本の内容が、大きく離れていてもいけません。読者を惑わすことになります。

何もタイトルを決めてから、内容を書き出す必要はありません。原稿を書きながら、じっくりと考えてもいいのです。渾身のタイトルをつける時は、焦ったりしてはいけません。

タイトルの他に、サブタイトル(副題)をつけるのもいいでしょう。タイトルは短くして、サブタイトルで、表現しきれなかったものを補えばいいのです。

また、新刊本には、帯がつきます。ここには、普通、帯文という短い文章が載ります。これも、読者の注意を惹くので、渾身の文章を考える必要があります。タイトルで本の核となる部分を表現し、サブタイトルでそれを補います。その上で、帯文でそれらのエッセンスを短い文章で表します。

これらの三点は、必ず本の表紙を飾ります。本の魅力を、読者にわかり易くするために、慎重に考えましょう。