本を出そうと思ったら

紙媒体の本を出そうと思ったら、商業出版と自費出版の二つの種類があります。

商業出版とは、出版社が経費の全部を負担してくれるもので、プロの作家さんが使う方法です。印刷の数に応じて、著者に印税を払ってくれます。

自費出版は、著者が編集、制作、印刷、製本に掛かる経費を全て負担します。販売、流通に掛かる経費は、著者と出版社が分担をします。印刷の数に応じて、著者と出版社が、売上げの利益を分け合う方式です。素人作家は、こちらの方法を使うことになるでしょう。

商業出版への道は険しいですが、素人作家にも、チャンスはあります。出版社には、素人作家から、たくさんの原稿が送られてきます。それを、たまたま手に取った編集者が、素晴らしい原稿だと判断をすれば、商業出版も夢ではないでしょう。多くの出版社が、魅力のある新人作家を探しています。

特定分野の専門知識を持っている人には、商業出版への道は少し広いかもしれません。スペシャリストと呼ばれるような、話題の物事に精通している人には、出版社の方から声が掛かるかもこともあります。ただ、中には胡散臭い人も混じっているので、出版社の方も著者を選ぶことには、慎重になっています。ある程度の経歴か肩書き、または大学や研究所に所属している人は、信頼を得やすいでしょう。

ノンフィクション、専門書、実用書に比べて、フィクションは狭き門と言えます。フィクションで商業出版を目指すのなら、かなり名のとおった文学賞を受賞しなくてはならないでしょう。たくさんの応募作品の中から、頂点になるのは至難の業です。ですが、今、活躍をしているプロの作家さんのほとんどの人が、乗り越えてきたハードルなのです。

 

商業出版への道のりは、険しいです。

本を出したいと考えている人は、まず自費出版を出してみてはいかがでしょう。

 

自費出版のおすすめサイト:自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版まで